sungenのイラスト練習ブログ

デジ絵練習や小説関連のブログです。オリジナルWeb小説のイラストなど。二次絵は刀剣乱舞がメイン。鯰尾多め。




一太郎でコピー本を作ろう。とりあえず作ってみた【同人誌進捗】【鬼滅の刃】

さて。急に思い立って、一太郎でコピー本を作ってみました。

いきなりだな!!って感じですみません。

印刷所どこが良いかなぁ…と眺めて唸っていたとき、ふと。そういえばコピー本ならもっと早くできるんじゃない?と思って、じゃあやってみよう、と思いました。

思い立ったら即実行。良いのか悪いのか分からないですが、とりあえず分からない事だらけなので、何か一つやってみないと進まない。

というわけで、今回は初めてのコピー本製作について書きます。

目次

 

今回試しに冊子化したのはpixivに投稿してあった、鬼滅の刃の二次小説『臆病な彼女』です。

もちろん書いたのは自分、さんげんです。

全年齢の話で、アオイちゃんが良く出てきて、ほんのり伊アオで、空気読んで出てきた鬼を退治して、最後申し訳程度のぜんねずな話。

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11609553

良かったらどうぞ!

と言いたいけど、この作品、現在非公開にしています。

冊子にした後にpixivにあるものをどうしたら良いかよく分からなかったので、暫定措置。

冊子にしたら本文公開しておかない方がいいのかな?とか、別にコピー本に挿絵を付けてBOOTHで売って、pixivはpixivでそのまま全部読んでもらっても構わないんじゃないかとか、色々考え中。どうしたらいいんでしょうね…??

 

とりあえず。作ってみて考えよう…。

この作品を選んだ理由

・気に入ってる話だから。

ちゃんとオチついているし、バトルもあるし、長さも18000文字と…他の物に比べれば短い…(^^;)…?からいけると思った。

――これが大きな間違いだったのですが。とりあえず作りました。

 

メイキングや設定など。ソフトは一太郎です

そういえば、Wordですが、購入の目処が立ちました。家族が新しいPC制作中で、完成したらWord購入するらしいので、ついでにインストールさせて貰えそうです。二台まで使えるので。ただ、それだと早くて年末くらいかなって思います。

 

まあ欲しくなったら自分で買ってもいいし、それまでは一太郎で作っても良いし。

思いの外、冊子用の体裁整えるのが大変だったので、小説本の方はそんなに急がないで先に書きかけの話の執筆や、大神のWeb再録同人誌の方を頑張ろうかな?と思ったりしています。

 

本当に大変です…というか目がしんどい。この辺りも後で描きます。

 

制作時間

六時間と少し。(たぶん表紙も入れて)

(ただし表紙画像(柄)がある状態、ソフト、プリンタなどをだいたい使える状態)

表紙は三十分くらい?本文が終わった後に勢いで作りました。デザインにもタイトルロゴにも凝らず、作ってあった画像に文字入れて、一枚印刷するだけなのでそう手間はなかったです。

 

とりあえず試作したもの

表面

綴じる前です。

f:id:sungen:20200324003809j:plain

 表紙は適当、万華鏡の物を流用しました。タイトルは文字入れただけ。

 

f:id:sungen:20200324003812j:plain

 奥付も作るのが面倒で裏面に書いているという。見事な試作。

 

綴じようと思ったけど、厚すぎた

f:id:sungen:20200324003816j:plain

約18000文字、十五枚+表紙一枚です。

 

ダイソーの中とじホッチキスがあるのですが、ギリギリいけるかなぁ~?無理かな~という厚みになってしまいました。 

コピー本にしてはかなり厚いというか、しまったこの半分の文字数にするんだった、と思いました。10枚くらいがちょうどいいのではないかと思います…。

コピー本の文字数は、5000~7000文字~多くても10000文字くらいがいいと思いました。多すぎると綴じられない。

7000~10000文字なら、7、8枚~10枚くらいに収まりそう。

長い話は上下二冊にするという手もあるけど、そこまでするなら印刷頼んだ方が楽な気がとてもする…。

 

枚数は段組にもよりますが、今回は

↓こちらのような、二段ではないものにしました。

f:id:sungen:20200324003805j:plain

新書本のように二段にしてあれば、もう少し枚数を少なくすることができると思うのですが、私はA5サイズで二段組みは少し読みにくいかな?って思っていたので(二段ならやっぱり新書サイズが読みやすい気がする)文庫小説みたいな感じにしました。

文字大きい方が楽に読める。 

やっぱり読みやすいサイズ感とか定まってる感じですよね。

このコピー本は、A4サイズ二つ折りでA5サイズです。同人誌としては良くある大きさです。

 

行頭一字下げはカクヨム

カクヨムは本当に執筆のバックアップツールとして優秀です。

f:id:sungen:20200324104952j:plain

↑一文字下げは執筆画面の左側のタブにあります。

「」からはじまる部分を除いた全部の行頭をワンクリックで一文字下げてくれます。縦書きの時はこれが必要なのでありがたい。

私は横書きの時は、正直読みにくいかも…?って思う事があるので一文字下げてません。

地の文が多ければ気にならないのですが、私の文章は地の分が少ないので、横書きで一文字下げをすると行頭がものすごくガタガタになります(^^;)

これでいつでも下げられるし、ガタガタしていると書いてるとき内容が良くわからなくなるので一字下げなしでやっています。

※非公開にして編集しています。カクヨムでは二次は決まった作品しか公開できないので。

 

今回、段組は一太郎のきまるスタイルを使用

 次はちゃんとやります…。

f:id:sungen:20200324003833j:plain

余白とか設定サッパリだったので、小耳に挟んだ便利機能を使いました。

↓きまるスタイルはここにあります。

f:id:sungen:20200324003828j:plain

これは段組がテンプレートとして入っているので適応するだけで本文がそのレイアウトなるという便利な機能です。バージョン新しい物には入っているようです。

ちなみに使用バージョンは一太郎2015です。

文庫サイズ、43文字×18行にしました。きまるスタイルにある文庫版のサイズでは1番文字の多いページ設定です。

文庫版はA6なのですが、今回の一ページはA5サイズなのでその分、余裕ができています。文庫サイズだと詰めつめになったはず。

結果的に、読みやすかったです。

ぶっちゃけ、試作だから形になれば何でも良かった…。

 

コピー本の作り方など、同人誌関連の事は先にpixivで検索するといい 

同人誌の作り方とか、コピー本の作り方は大抵、誰かが書いて下さっています。しかも画像付きでとてもわかりやすい。

余白の設定の仕方は、pixivさんに一太郎でのコピー本の作り方を分かりやすく説明して下さっている作品があったので、今度はそちらを参考にイチからやりたいと思います。(Word版もあったありがたい)

ネットでやり方検索するなら、pixivで探した方が確実で早いです。ネットはQ&Aは公式以外はだいたい適当なので…。

やっぱり同じ、コピーの小説本を作る、という目的で試行錯誤して下さった先達の知恵は素晴らしくわかりやすいです。

後でpixivを調べて、はじめからpixiv見てやればよかったって思いました…。

私もまあ、こういう風にやりましたーと報告しておくので、俺の屍を超えてゆけ…参考になれば幸いです。

 

注意点などあれこれ

 この辺も詳しい人の解説を探した方が早いです。

 

印刷前に三点リーダー、特殊記号などを修正

三点リーダーを縦にする

三点リーダーとは …… ってやつです。これ、どうやらフォントによって縦書き設定にしても、横倒しになってしまい、自動で縦にならないようです。

 

上手くいかないと、周囲は縦書きなのに…

                  …

って横に倒れて表示されます。

 

え~!?そこちゃんとやってよ!!って感じですが、仕方ない。

Windows10になってから対応していないみたいな…一太郎が対応していないのか…という感じで、とにかく早く対応してほしいです。

Wordでもそうなのかな?

 

三点リーダー横倒しの解決策

「……」が縦表示できるフォントを全文使うか、三点リーダーだけ選択してフォントを変更する。

 ↓フォントはここで変えられます。

f:id:sungen:20200324003922j:plain 

 …にもフォントによって個性があるので、お好みのフォントで。

 

初めから三点リーダーを縦表示できるフォントを全文で使った方が修正の手間が無いので、コピー本はそうしようかな。

 

!?や!!が縦になる問題

これはコピー本なら別にそのままでもいいかな、って思ったんですが、やっぱりできるならやってみようと思って調べました。 

 

f:id:sungen:20200324003838j:plain

 

!!や、!?はなるべく使わない。というのもあり

!は一個にするとか。別に一個でも驚きは伝わると思う。

これでもいいですけど、やっぱり!?くらいは使いたい。

 

!?のやり方

①特殊記号を使う

下の画像の赤い部分です。記号、文字というところからユニット記号というフォルダを探して、!!や!?をコピーして貼り付ける。

ユニット記号・ゴシックというのはゴシック体なので太いです。

 

印刷所に頼む場合はフォントはなるべくフリーフォントとかは使わない方が安全らしいです。ない文字や表示できない事があったりするとか。

でもコピー本なら別にいいよね…。って感じで変える。

 

②縦中横を使う

これは英語とか横になる文字を縦にする方法ですが、やってみたらなんか微妙でした。

 

f:id:sungen:20200324003929j:plain

 

※がゴシックのでない方、って赤字で微妙に変なことが書いてありますが、これはただの消し忘れです(;'∀') 「ファイル名がゴシックでない方」とか書きたかったのかな。むしろ「が」を消し忘れて、単に「ゴシックでない方」って書いたのかも。たぶんそう。

 

印刷設定について

プリンタはCanon MG6330です。

 

旧モデル Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6330 ブラック

旧モデル Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6330 ブラック

  • 発売日: 2012/10/04
  • メディア: Personal Computers
 

もう大分前のモデルになっちゃってるなぁ。このプリンタ、十分綺麗に印刷できるし、好きなんですけどね。

キャノンさんのプリンタは夜でも印刷できるくらい静かなのでおすすめです。

(扉を閉じれば外に音が漏れない程度の印刷音)

 

プリンタ側の印刷設定

 クイック設定

■標準印刷

■両面印刷

■用紙サイズはA4、横向き。

■印刷はきれい(お好みで)

 

f:id:sungen:20200324003910j:plain

 

基本設定

印刷品質くらいしかいじるところはない。

f:id:sungen:20200324003906j:plain

 

モノクロ印刷にしてもいいと思いますが、別に自動でもたぶんやってくれている。

してもいいと思うけど。

プレビュー表示はした方がいきなり印刷始まらないので気が楽です。

途中で印刷を止めるときは、PCからの操作よりプリンタのストップボタンが早いです。

 

ページ設定

■等倍

短辺とじ左を選ぶ!!!

 

f:id:sungen:20200324003925j:plain

 

私のプリンタの設定では、冊子を選ぶと両面印刷が選択できなくなったので、どうするか悩んで等倍にしました。普通にできました。

 

 本文の印刷失敗例(^^;)

逆さま。これはあるあるだと思う。原因は 長辺とじ上 になっていたことです(;'∀')

f:id:sungen:20200324003821j:plain

短辺とじ左、でないとこうなって失敗します。たぶんあるある。 短辺とじ上、との違いは試していないのでわからない。

 

 

一太郎側の印刷設定

 

一太郎では印刷ページのチェック機能があり、印刷しない画像を選択できます。

一ページだけ誤字修正とかで差し替えたい時に全部刷らなくていいので超便利。 

 

①冊子印刷、A4単票

f:id:sungen:20200324003918j:plain

 赤マルの所を変えてください。

■プリンタは接続している家庭用プリンタを選ぶ。

■冊子を選ぶ。

■単票サイズを選ぶ。

 

この単票っていうのは意味がよくわからないですが、二つ折冊子を開いたサイズを選ぶようです。

折ったサイズがB6ならB5単票という感じ。

ここにも家庭用プリンタの限界が。

つまり、A4サイズまでしか印刷できない家庭用プリンタだと、B5やA4の冊子は作れません。A3まで印刷できるプリンタならいいんですけど。

 

一太郎側の印刷詳細 このへんいじるところない。

f:id:sungen:20200324003915j:plain

 

 

これで印刷できます。できない場合はどこか変え忘れているはず。 

 

画像ソフトなどで、表紙をつくる

クリスタでもイラレでもフォトショでもなんでもいい。

素材を使うと早い。

 

 表紙の失敗例(^^;)

f:id:sungen:20200324003933j:plain

くるむので、この配置だとタイトルが裏に来ます。

盲点と言うか…わからないって。

 

 コピー本の正しい表紙レイアウト

f:id:sungen:20200324003903j:plain

 表紙は左側。裏表紙は右側。

 

 目次や奥付も調べてざっと一太郎で作ってみた

一太郎デフォルトは線の種類が少ないので、おしゃれなものはやっぱり他のソフトでやったほうがいいけど、緊急用に用意しておきました。

※青いところはメアドなので隠してあります。小さくて見えないけど。

あと一ページ目のタイトルとかも作る。デザインはいまいちかも。(いちばん右の)

f:id:sungen:20200324003843j:plain

 

 大きいバージョンも作った。

f:id:sungen:20200324003847j:plain

 

 奥付はレイアウト枠を使って作りました

f:id:sungen:20200324003856j:plain

 これ、の部分で横書きを選択すると枠の中で横文字が使えます。

 

f:id:sungen:20200324003900j:plain

薄い枠が表示されてますが、ここにレイアウト枠があるよ!って目印のようなので、実際には印刷されないです。プレビューで見たらなかったし。 

 できあがり。

 f:id:sungen:20200324003852j:plain

このレイアウト枠の優れた点は、コピーや編集が可能ってことです。

クリックして書き換えができるので使いまわせる。 

 

コピー本を作ってみて分かった事

コスパは厚いと良くない

作るのに時間が掛かる上、インク代がかさみます。

インクって、セットだと6000円くらいするじゃないですか。 

 単色で買っても1200円とかそのくらい。

それを10冊作ったら、インク代が、印刷所に頼んだときよりも高くなります…。

しかも手間も掛かるし、コピーだし。

一万円あれば10冊印刷できちゃいますし…。

 

薄ければ悪くない

イベントでちょっと机が寂しいなって時とかには、確かに重宝しそう。

 

目が疲れる!!!

やばかったですこれ。縦書きでモニタを見ていたのですが、私はモニタをお絵かき用にだいぶ離してあるので文字が小さくて見づらい。

でもこれ、作り終わった後に、液タブで見た方が見やすいって事が分かりました。

編集するならデスクトップより、ノートパソコンなど、モニタが近い方が楽です。(私の感覚ですが)

 

同人誌関連の事は先にpixivで検索するといい 

 これは覚えておきたい。本当にお品書きとか、表紙データまで沢山素材にしてくだってる…。

 

コピー本の表紙は凝らない方がいい(場合によりけり)

これはコピーなのでちょっと画像荒くなるのと、時間かかるなら素材でいいんじゃない?って気がしたからです。

画像荒くなるのは紙を変えたら大丈夫ですし、かっこいい表紙は頑張って作ればいいのですが、やっぱり時間かかる。

それなら表紙は素材をお借りして、別の話や挿絵を書いたほうが(つまり内容に凝る方が)建設的じゃない?って思いました。

一冊に凝るか、二冊三冊作るか、とあとは。

正直、一冊のコピー本の表紙に凝ってしまうなら、それは印刷所に頼んだ方がいいと思いました。

家庭用プリンタでは限界ありますし、たくさん作ると疲れる。

 

道具について。中綴じホッチキス類あると便利

これはあったほうがいいなって思いました。

中綴じホッチキスはダイソーで買ったものがあるんですが、いちいち揃うように打つのはなかなか難しいし手間…。

色々便利なものがあるようです。

↓これちょっとほしいなって思った。

 

10号針(よくあるホチキスの針)だとやはり15枚がギリギリみたいです。

今回の冊子は15枚+表紙、なので挿絵を挟むとしたら(コピー本の挿絵は要するに、そこだけ開けておいて後で印刷すればできる。あと画像の挿入の仕方もまあなんとなくわかったので、画像が荒くならなければそれでもいい)枚数オーバーです。

 

 こういう製本機とかもあります。

JIC 卓上製本機とじ太くん 3000型

JIC 卓上製本機とじ太くん 3000型

  • メディア: オフィス用品
 

 

これは本格的に冊子作ろうという方向けと言うか、凝りだすと…、という感じ。

慣れればとてもいいものができると思いますが、その場合は小口をそろえるために裁断機も欲しくなってしまう。

それなら私はやっぱ印刷所に頼んだ方が楽かなって思います…(^^;)

ただ、少部数なら…ありかなって思います。でもやっぱりホチキスがかけられる手間最大かな…。だからと言って発注データづくりが楽ということは全くなさそうです。

 

発注データはテンプレに合わせたりしないといけないですが、自家製本なら、その点は案外楽なのかも。今回みたいにちょっと体裁が微妙でも本になりますし。

 

まとめ① コピー本は売れるのか問題

やっぱり作ってみると色々分かります。

今回の物は試作品なので、先人の知恵を参考に余白などを設定して、もう一度作り直そうと思います。 

 

コピー本は売れるのか

旬ジャンルの二次なら十分需要はあると思います。た、たぶん。

内容がメジャーCPなら…とか、まだどこにも投稿していない話なら…。た、たぶん。

おまけとか、後日談つけて売るというのもありかも。

オリジナルだとちょっと厳しいかな。普通に売れないのがオリジナル。オリジナル小説はそもそも分量的にコピー本にはできない感じですが。

 

値段はいくら? 

Web小説の再録本なら安めで百円、二百円?

書き下ろしの話なら普通の同人誌の値段マイナス100円くらいとかどうかな…。

挿絵とかおまけとか後日談があるなら、二、三百円くらいはどうだろう…?

わかんないです。作ってみてから考えます。

 

コピー本、同人誌を作るタイミング

これは分かりました。初めの話だけ試しに本にしてみようかな、とか思ってましたが。

完結してから取りかかるべきです!!絶対!!途中でやったら駄目!!

なんでかというと、めっちゃ手間と時間掛かって、本編の執筆遅れるからです。

なので残響は完結したら本にします。

 

これからコピー本、どうやって作っていく?

さて、まだまだしっかりした物は作れてないのですが、これで一応、コピー同人誌、という頒布手段ができました。

 

作って分かったのですが、小説本って凄く手間掛かるんですね…。いやそれを言うなら、絵の本もだけど。

そんなに手間は無いだろうと思ったら大間違いだった。

文章を書くことに始まって、表紙考えて、発注またはコピーして…。

これは年に一冊、二冊できたら凄い、二、三冊とか凄すぎ、というくらいだと思います。イベントに間に合うように新刊出すって凄いな…。

 

どうやって作っていくか、ですが、私は小説本でコピー本なら、挿絵をつけてみたいなと思っています。アナログで。一枚か二枚くらい…。口絵、みたいな感じで。

 

縦書き用の段組をやってみて分かったのですが、段組は目が…めがああああ!!ってくらい疲れます。

(これは液タブかノートパソコンでやることで少しは改善できそうですが)

 

さすがにちょっと目がしんどいし、手が回らないので、もうデジタルイラストはオリジナル絵だけにしちゃおうかな。

どれだけせわしないんだ、ってくらい色々やっているので、ちょっとやり方を限定しないと目が…やばい。

 

・オリジナル絵はPCでデジタルイラストにする。

・二次絵はアナログでやる。

・二次漫画はもしやるならアナログでやる。

って感じで。オリジナルはPC、二次はアナログって分けてみるのはどうかな…?

 

・オリジナル小説は今まで通り書くけど、オリジナルで長編だと小説本にしても採算は取れないので本にはしない。(印刷費用の関係で完売できないと絶対に赤字になる)

・二次の小説は、コピー本か、印刷して同人誌にしてもいい。(販売用)

・二次の漫画は、もしできたら本にする。アナログでやる。

 

みたいな…。

決めてもその通りにはいかないので、臨機応変にやっていきたいです。

二次イラストをデジタルでやる余裕が無いのは確かなので、アナログを強化していこうと思います。水彩やトーン使いたいし。

 

まとめ②

書くことが無い。

えっと、同人誌作りって、意外とPCで絵を描く技術のような?

地道な訓練と練習が必要な事だったんだなって思いました。

覚えることや工夫することが沢山あって、慣れれば慣れるほど上達していくという。

そういう物だと思って焦らずにやっていきたいです。

とりあえず年に一冊を目標に…。

 

コピー本が何種類(2,3種類?)できたら、倉庫サービスを使って、BOOTHで販売しようと思います。

コピー本の良いところは、いつでも刷れるという所なので、在庫少なくてもいいかなって…。再版希望はマシュマロに投げて下さいって商品ページに書いておいて、あったら五冊くらい増刷するとかでも。

そんなに上手くいくかは分からないですが。

 

これからやること

えっと…そうだなぁ。

とりあえず、いざとなればコピー本出せると分かったので、通常運転に戻ろうと思います。初めに立てた、今年の予定に戻ります。

描きかけのオリジナルイラスト描いて、オリジナル小説も頑張って。

あとは合間に二次小説、と、あとはコピー本『臆病な彼女』の挿絵、アナログ水彩イラストの練習とかそういう感じ。

 

ものすごく飛躍しましたが、結局、普通にやっていくのが一番なんだなって思いました。少しずつ工夫したり、入稿データの作り方を勉強したりして。

今年末くらいにBOOTHでまずコピー本から販売できたらいいな、と思います。

基礎固め大事。

 

印刷所に頼む同人誌に関しては、……こっそりですが、大神のウェブ漫画再録本をpixivFACTORYあたりで一冊、自分用に作ってみたいと思っています。

いつになるかは不明ですが、できたらまたブログに載せようと思います。

おそらくメイキングみたいなこともやるので、記事を見つけたらのぞいてみてください。

 

また通常運転で、無理せずイラストとか頑張ります。

 

 あ、そうだ。この落書き炭治郎さん、ちゃんとアナログ白黒で描いて一部挿絵に使っちゃおうかな。顔だけとか。

f:id:sungen:20200307172104j:plain

挿絵はできてのお楽しみってことで、内緒にしておいた方がいいですよね。 

二枚書いてサンプルで一枚だけ見せるとか。

あごきな…ことをしている…。

まあ絵は全く違う物になる可能性もあるので、やってみないとわからないです。

では(^^)

 

 

この記事でここどうなの?とか思ったことがあったらマシュマロで聞いてください。

ただしコピー本初心者なのでまだ分からないことも多いです。 

marshmallow-qa.com